いなせな縞の初鰹

いなせな縞の初鰹 (いなせなしまのはつがつお) 鎌倉を生きて出でけん初鰹はつがつお 芭蕉ばしょう 目には青葉あ…

鮟鱇一夕話

鮟鱇一夕話 (あんこういっせきわ) 獅子文六ししぶんろく氏との対談で、熱海の福島慶子女史は「アメリカのパン、あ…

鮑の宿借り作り

鮑の宿借り作り (あわびのやどかりづくり) これは美食倶楽部時代の創案になるもので、今では茶寮料理の名物の一つ…

鮑の水貝

鮑の水貝 (あわびのみずがい) あわびの水貝は、あわびを切っただけでよいようなものであるが、これは元来、江戸前…

洗いづくりの世界

これから当分はさかなの洗いづくりの季節である。洗いにもいろいろあるが、一番美味いのは鮎の洗いである。鮎の五、六…

洗いづくりの美味さ

美味いさかな、それはなんと言っても、少数の例外は別として関西魚である。さかなによっては、紀州、四国、九州ももち…

鮎を食う

鮎は水が清くて、流れの急な、比較的川幅の広い川で育ったのでないと、発育が充分でなく、その上、味も香気も、ともに…

鮎ははらわた

鮎の美味いのは大きさから言うと、一寸五分ぐらいから四、五寸ぐらいまでのものである。それ以上に大きく育ったものは…

鮎の名所

あゆをうまく食うには、あゆの成長と鮮度が大いに関係する。京阪や東京でいうと、七月がよい。地方によっては、早い遅…